Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.259   採集日:2007/06/09   採集地:栃木県、日光市]
[和名:ヤナギゴケ   学名:Leptodictyum riparium]
 
2007年6月22日(金)
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
 栃木県奥日光湯本温泉では、何種類かのコケが泉源からの流水中とその周辺に見られる。酸性度の強い温水中に群生するコケたちである。先日はそれらのうちから、チャツボミゴケを観察したが、今朝観察したのは蘚類である。
 湯本温泉の泉源からの流れは、遊歩道周辺で水温30〜35度ほどあり、観光客用に木道が設置されている。木道脇の湯の中にはあちこちに暗緑色〜緑褐色のコケの群がみられる(a)。水中の岩の上から出ていて、水中の茎の様子はよく分からない(b)。
 数本を引き抜いてみると、不規則に枝分かれした細長い茎に葉がやや疎らについている(c)。茎の長さは5〜10cmほどあり、枝は5〜15mm、乾燥しても葉はあまち縮れず、全体の印象はあまり変わらない(d)。茎葉も枝葉も大きさや形はほぼ同じである。
 葉は卵形〜卵状披針形で、葉頂がやや尖り、鎌形に曲がるものもあり、長さ1.5〜2mm、中肋が葉長の3/4近くまで達し、ほぼ全縁である(e, f)。葉身細胞は長い六角形から線形で、長さ55〜90μm、幅5〜10μm、やや薄膜で位置により大きさにはかなりのバラツキがみられる(g)。葉頂の細胞は菱形〜六角形で(h)、翼部では大きな矩形の細胞がみられる(i)。
 茎や枝の断面を切ってみると、表皮細胞は中心部より小さくわずかに厚膜となり、中心束の発達は悪い(j)。葉の横断面をみると、中肋にステライドはなく、葉の細胞の表面はわずかに凸凹している(k)。枝や茎の葉の基部からは、所々に小葉状の偽毛葉らしきものがみられる(l)。

 これまで観察した蘚類にこのようなタイプは無かった。科の見当をつけて、可能性を否定していくと残ったのはヤナギゴケ科だった。ヤナギゴケ科は環境による変異が大きく、分類が難しいことで知られているという。とりあえず科の検索表をたどってみた。
 観察結果をたどっていくと、ヤナギゴケ属に落ちた。次に属の検索表をたどると、ヤナギゴケ Leptodictyum riparium に落ちる。ヤナギゴケについての記述を読むと、観察結果と比較的近い。ただ、図鑑にある葉の形と葉身細胞の幅など、疑問もある。
 なお、保育社の図鑑では、ヤナギゴケの所属をヒメヤナギゴケ属 Amblystegium としているが、ここでは、平凡社の図鑑のヤナギゴケ属 Leptodictyum に拠った。