Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.328   採集日:2007/08/26   採集地:長野県、小海町]
[和名:フウリンゴケ   学名:Bartramiopsis lescurii]
 
2007年9月20日(木)
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
 北八ヶ岳白駒ノ池周辺の針葉樹基部の樹幹から周辺の岩にかけて、スギゴケ科を中心として、何種類かのコケが大きな群落を作っていた(a)。群落の最優占種は、繊細な葉をもった小型のスギゴケ科の蘚だった(b)。直立した朔をつけた個体もいくつかあった(標高2,100m)。
 茎は細く赤褐色で、高さ2〜4cm、下部には葉をつけず、乾くと葉が軽く縮む(b, c)。葉は、長さ3〜6mm、透明な鞘部から大きく曲がって披針形に伸び、葉縁には牙状の歯、鞘部の縁には数本の長い多細胞の毛がある(d, e, g)。毛の表面には微細な乳頭がある(f)。
 葉身細胞は、葉の大部分では多角形〜矩形で、長さ5〜15μm、表面は丸みを帯びる。鞘部では長い矩形で、長さ30〜70μm、幅4〜8μm、平滑(h)。葉には中肋の腹面にのみ5〜8枚の薄板があり、薄板表面には牙状の歯がある。葉の横断面をみると、薄板は5〜9細胞の高さで、先端細胞の先に牙状の歯をつけたものもある(i, j)。葉身細胞は表面が膨らんだ2層の細胞からなるが(i〜k)、鞘部では1層である(l)。
 
 
 
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
 ごく一部の個体が朔をつけていた。朔柄は長さ1〜1.5cmで、帽は短く、蓋は嘴状。朔は釣り鐘型。蓋をはずすと、朔口を覆う口膜がみられるが、朔歯はない(m〜p)。胞子は意外と小さく、表面は微細な突起に覆われている(q)。朔柄の断面には中心束がみられる(r)。

 保育社図鑑で、スギタケ科の検索表にあたると、最初に書かれた「1. 朔歯を欠く。葉の鞘部の縁に数本の長い毛が並ぶ。茎は繊細」がピッタリ一致する。無条件にフウリンゴケ属に落ちる。フウリンゴケ属の項をみると「日本産1種」とあり、フウリンゴケ Bartramiopsis lescurii だけが掲載されている。説明を読むと、観察結果とほぼ一致する。なお、平凡社図鑑でも、保育社図鑑とほとんど同じ内容が記され、1属1種とある。