Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.411   採集日:2008/04/12   採集地:栃木県、佐野市]
[和名:チャボヒシャクゴケ   学名:Scapania stephanii]
 
2008年5月7日(水)
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
 栃木県佐野市の川沿の林道で、濡れた岩壁に緑色のタイ類が一面についていた(a, b)。茎の長さは1.5〜2cm、わずかに分枝し、葉の背片が腹片の半分ほど。卵形で縁に微細な歯をもつ腹片は長さ0.7〜0.9mm、腹片の基部はやや流下し、キールは背片の1/3程度(c〜e)。葉身細胞は多角形で、長さ12〜18μm、トリゴンはほとんどなく、油体が各細胞に1〜4つほどある(f)。

 上記の特徴から、先日観察したNo.413と同じくチャボヒシャクゴケだろうと思う。No.413とは10kmほど離れた全く別の場所で採取したものだ。原則として、同一日に採取した同一種はこの覚書にはアップしないのだが、No.413の覚書では朔については詳細に記したが、花被とカリプトラについてはあまり触れなかったので、以下にやや詳しく記すことにした。
 

 
 
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
 花被をつけた個体がいくつかあった(g)。花被の内側には短い柄をもった朔が入っていた(h)。花被から朔を取りだし(i, j)、次に花被を半分に切り開いて、カリプトラを表に出した(k)。カバーグラスを載せて顕微鏡下にもっていく途中で、カリプトラは崩れてしまった(l)。
 花被は、扁平で長い台形状、口が広く切形で、縁には細かい歯がある(l)。カリプトラは、花被のすぐ内側基部につき、透明で三角フラスコ状の形をしている(k)。花被の細胞は多角形で、本体腹片の葉身細胞よりずっと大きく、長さ18〜30μm、円形の油体の数も一細胞あたり4〜8こほどある(m)。カリプトラの細胞はさらに大きく、長さ30〜50μmほどあり、葉緑体はほとんど含まず、油体の数もとても少ない(n)。
 朔の外壁部分の細胞(o)、内壁部分の細胞(p)、弾糸と胞子(q, r)を参考のためにあわせて掲載しておいた。肉眼的観察結果や朔の壁、胞子、弾糸などは、先に観察したNo.413と同じで、あらためてコメントすることはない。