Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.467   採集日:2008/07/19   採集地:長野県、松本市]
[和名:ホソバコオイゴケ   学名:Diplophyllum taxifolium]
 
2008年8月21日(木)
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
 7月に乗鞍岳山頂に続く標高2580m付近の大雪渓脇の岩陰、砂粒の多い土に出ていた苔類を観察した(a)。不規則に分枝し、葉は離在し、背片は小さな舌形、腹片はやや長い舌形、腹葉はなく、腹側からは多数の仮根がでる(b, c)。背片は腹片の1/2〜3/4ほどの長さ、腹片は長さ0.8〜1.2mm、両片とも葉先付近の縁には小さな歯がある(d〜g)。キールは腹片の1/3〜1/4長で弓形に湾曲する(e)。葉身細胞は小さく、方形〜多角形で、葉先から中央部では長さ8〜10μm(g, i)、キール付近と基部ではやや大きな矩形で、幅8〜10μm、長さ20〜30μm(h, j)、トリゴンはハッキリしないか、ほとんどない。葉身細胞の表面には小さな乳頭が複数ある(l)。茎の横断面をみると、表皮細胞はやや厚膜(k, l)。無性芽や花被などは見られなかった。

 葉が深く二裂し、背片が腹片より著しく小さく、明瞭なキールをもち、腹葉はないことから、ヒシャクゴケ科 Scapaniaceae の苔類だろう。保育社の検索表をたどると、シロコオイゴケ属 Diplophyllum に落ちる。さらに種への検索表をたどると、ホソバコオイゴケ D. taxifolium に落ちる。種の解説を読むと、観察結果と概ね一致する。