Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.469   採集日:2008/07/19   採集地:長野県、松本市]
[和名:ミズシダゴケ   学名:Cratoneuron filicinum]
 
2008年8月23日()
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
 7月19日長野県の白骨温泉で、標高1,400m付近の沢の支流の濡れた岩盤上に群生していた蘚類を観察した(a, b)。立ち上がった茎は長さ3〜6cm、多数の枝を不規則羽状に出し、乾燥しても葉は縮れない(c, d)。茎や枝の表面には、葉状の小さな毛葉が無数にみられる(d, j)。
 茎葉は広卵形〜三角形で、長さ0.8〜1.2mm、葉面はわずかに凹み、先端が鋭く尖り、基部は広く茎に流下する。中肋は強く、葉頂に達する。葉縁には目立たない微細な歯がある。枝葉は、狭三角形〜卵形で、長さ0.3〜0.6mm、先端が鋭く尖り、中肋が葉頂に達する。
 葉身細胞は、茎葉でも枝葉でもほとんど同様で、葉身部では丸味を帯びた狭い多角形〜楕円形で、長さ20〜35μm、幅5〜8μm、表面は平滑(g)。葉基部の流下する部分の細胞は、他とは顕著に分化し、大形薄膜で方形〜矩形(h)。葉の横断面で中肋にステライドはない(i)。
 毛葉は狭三角形を主体とした葉状で、分枝することはほとんどなく、葉身細胞も茎葉や枝葉のものとほぼ類似する(j, k)。茎の横断面には明瞭な中心束があり、表皮はやや厚膜の小さな細胞からなる。凾つけた個体はなかった。

 ヤナギゴケ科 Amblystegiaceae シャグマゴケ属 Cratoneuron のミズシダゴケ C. filicinum だと思う。昨年5月に埼玉県秩父市で採集したミズシダゴケ(標本No.235)には凾つけたものがあったが、今回は凾つけた個体は見つからなかった。