Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.511   採集日:2008/09/03   採集地:山形県、山形市]
[和名:アカウロコゴケ   学名:Nardia assamica]
 
2008年9月15日()
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
 今月はじめ、山形県蔵王温泉上のスキー場上部で、道脇の日陰の土手に出ていた苔類を採集した(a, b)。茎は長さ4〜6mm、葉を含めた茎の幅は1mm弱で、わずかに分枝する。茎の下半分は茶褐色となり、花被をつけた個体が多かった(c)。
 葉は、茎に斜めに緩く瓦状につき、類円形〜腎臓形で、腹葉があり、長さ0.8〜1mm、全縁。複葉があり、腹葉の基部からは長い仮根がでる(d〜f)。葉身細胞は六角形を主体とした多角形で、長さ20〜40μm、平滑で、壁は薄くトリゴンはほとんど見られない(g, h)。葉縁の細胞は他の部分より若干小さい(h)。油体は一部の細胞に、散発的にみられる。油体は1細胞に1つしかない細胞が多く、楕円形〜類円形で微粒の集合体に見える。
 花被は大きく、円錐状の円筒形で、3〜5褶。苞葉・腹苞葉は他の葉よりやや大きく、縁は波打つ(i, j)。花被の葉身細胞は、上部は長い矩形で、ごく一部の細胞に油体が一つあり(k)、下部は横長の多角形で、油体を持った細胞は少ない(l)。ペリギニウムはみあたらなかった。

 ツボミゴケ科 Jungermanniaceae アカウロコゴケ属 Nardia のアカウロコゴケ N. assamica ではないかと思う。平凡社図鑑、保育社図鑑の解説を読むと、観察結果とほぼいっちするが、平凡社図鑑に掲載された写真とはまるで印象が違う。中村・古木・原田『校庭のコケ』の写真も平凡社と同じものなので、まるで別種のように見えるが、解説は観察結果と矛盾しない。

[修正と補足:2008.09.18]
 識者の方から、コメントをいただいた。ペリギニウムについて『本種の場合,第1苞葉から第2苞葉(第3苞葉)までの部分がペリギニウムになっています。上下(苞葉対)の付着線間の肉厚部分。縦に切ればはっきりしますが,花被(第1苞葉付着線から上)の長さと同長で,「長い」というのが特徴』だという。そこで、あらためて、花被をつけた個体をいくつかとりだして水に戻した。
 

 
 
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
 やはり、苞葉の部分が多肉質になったものはなかった。先の観察結果と同じく、花被を包む苞葉は、画像(j)と同じく、全く多肉化していなかった。補足だが、画像(i)をバラしたのが画像(j)だ。次に、花被の基部に濃色の部分をもったものを選んで(m)、これを縦に切ってみた(n)。やはり多肉化した部分は見られず、カリプトラに包まれた胞子体らしきものが見えるばかりである。カリプトラから内容物をとりだしてみた(o)。緑色の内容物は、未成熟な胞子体なのだろうか。採集標本にはペリギニウムもった個体はなかったようだ。コメントありがとうございました。