Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.504   採集日:2008/08/31   採集地:秋田県、由利本荘市]
[和名:タカネカモジゴケ   学名:Dicranum viride var. hakkodense]
 
2008年9月19日(金)
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
 去る8月末、秋田市で行われた蘚苔類学会の大会のあと、鳥海山北面の高原で、池の周囲を散策した(alt 1070m)。濃緑色の蘚類が、池畔の古い木製テーブル一面に丸いかたまり状の群落を作っていた(a〜c)。
 凾つけた個体はなく、茎は直立し、高さ15〜20mm、基部でわずかに分枝する。湿っていても乾燥しても、姿はほとんど変わらず、葉はとても脆くややかたい感触で、大部分の葉では、先が折れ失われている(d, e)。
 葉は狭い披針形で全縁、長さ3〜4mm、上部は凹状に窪み、芒となって伸びる。中肋は基部では葉幅の1/3近くを占め、上部ではほとんど中肋だけになり、芒となって長く突出する。ただ、先端まで完全に繋がった葉は少なく、芒の先には歯がある(f〜h)。
 葉身細胞は、丸味を帯びた矩形で、厚壁、葉の中部では、長さ15〜25μm、葉の中程から下では、長さ15〜35μm(i)。翼部には、茶褐色で矩形の大きな薄膜の細胞が並ぶ(j)。茎の横断面には、弱い中心束がある(k)。葉の各部で横断面を切り出してみた(l〜r)。
 
 
 
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
 中肋には背腹両面にステライドがあり、翼部の葉身細胞は薄膜で1層、葉の中部から上部では、葉身細胞と中肋との境界は不明となり、横断面全体が凹状となっている。

 シッポゴケ科 Dicranaceae には間違いなさそうだ。凾つけたものがみあたらなかったが、平凡社図鑑の検索表をたどると、ユミゴケ属 Dicranodontium とシッポゴケ属 Dicranum が残る。しかし、ユミゴケ属として掲載された種の解説を読むと、観察結果とは何となくしっくりしない。シッポゴケ属の検索表をたどると、タカネカモジゴケ D. viride var. hakkodense だけが候補に残った。図鑑の解説は、観察結果とほぼ近い。凾ェ相称で直立するのか、非相称で傾くのかは確認できないが、以前観察したタカネカモジゴケ(標本No.487)と比較すると、非常によく似ている。