Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.534   採集日:2008/10/11   採集地:長野県、山ノ内町]
[和名:コサンカクミズゴケ   学名:Sphagnum recurvum var. tenue]
 
2008年12月2日(火)
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
 10月11日に志賀高原の小湿原(alt 1800m)で採集したミズゴケは、やっと残り二つになった。今日はそのうちのひとつを観察した(a, b)。植物体は淡黄緑色でオオミズゴケなどと混生していた。枝はあまり密集することなくつき、開出枝と下垂枝はほぼ同長で(d)、茎には先の尖った三角形の葉がついている(e)。茎葉は枝葉よりやや短い(f)。
 茎は緑色で、長さ8〜15cm(c)、表皮細胞は矩形で表面に孔はなく(g)、横断面で木質部との境界は不明瞭(h)。枝には首の短いレトルト細胞が2〜3列ある(i, j)。
 茎葉は長さ0.7〜0.9mm、三角形〜卵状三角形で、先端はやや尖り、葉縁には全体にわたって舷があり、葉中央部から下部では葉幅の2/5〜2/3をしめる(k, l)。茎葉背面の透明細胞上部には糸や偽孔があり(l)、中央部では糸も偽孔もない(m)。
 
 
 
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
(s)
(s)
(t)
(t)
(u)
(u)
(v)
(v)
(w)
(w)
(x)
(x)
(m) 茎葉背面中央、(n) 開出枝の葉背面、(o) 開出枝の葉背面上部、(p) 開出枝の葉背面中央、(q) 開出枝の葉腹面上部、(r) 開出枝の葉腹面中央、(s) 下垂枝の葉背面上部、(t) 下垂枝の葉背面中央、(u) 下垂枝の葉腹面上部、(v) 下垂枝の葉腹面中央、(w, x) 開出枝の葉横断面

 開出枝の枝葉は披針形で、長さ0.9〜1.5mm、乾くと葉縁は波打ち、葉の上半部が反り返る。枝葉背面上部の透明細胞には上端に孔があり(o)、背面中央では偽孔や糸があり(p)、腹面透明細胞には孔、偽孔、糸が見られる(q, r)。
 下垂枝の葉は、開出枝の葉よりやや小さく、披針形〜卵状披針形で、長さ0.7〜0.9mm。枝葉背面上部の透明細胞には、上端に大きな貫通する穴がある(s)。背面中央の透明細胞では穴はやや小さい(t)。枝葉の腹面側の穴は小さく、偽孔もある(u, v)。
 枝葉の横断面で、葉緑細胞は三角形で、葉の背側に広く開き、腹側にまで達する(w, x)。

 茎の表皮細胞に螺旋状肥厚も孔もなく、枝葉の横断面で葉緑細胞が背側に広く開き、透明細胞背面に多数の小さな穴はなく、茎葉は枝葉より小さく、乾燥すると枝葉の縁が波打つ、などからハリミズゴケ節 Sect. Cuspidata の種だと思われる。
 平凡社図鑑で、ハリミズゴケ節から種への検索表をたどると、「下垂枝の葉の先端部の透明細胞には背腹両面に貫通する大きな孔がある」から、アオモリミズゴケ S. recurvum かコサンカクミズゴケ S. recurvum var. tenue のいずれかとなる。下垂枝の葉背面上部の透明細胞先端に大きな孔があるから、コサンカクミズゴケとするのが妥当と思われる。解説はやや不明瞭だが、滝田(1999)の記載などを参照すると、観察結果とほぼ一致する。


◎滝田謙譲 1999, 北海道におけるミズゴケの分布およびその変異について. Miyabea 4 (Illustrated Flora of Hokkaido No.4 Sphagnum): 1-84.