Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.578   採集日:2009/01/17   採集地:神奈川県、鎌倉市]
[和名:キャラハゴケ   学名:Taxiphyllum taxirameum]
 
2009年1月31日(金)
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
 鎌倉のハイキングコース(alt 50m)、道脇に張り出した樹根の表面に、黄緑色の蘚類が小さな薄いマットを作っていた(a, b)。茎は根の表面を這い、枝を不規則に並列に平面的に出す(c)。皮切りナイフなどを使わずに採集したところ、茎の多くはちぎれてしまった。
 枝は長さ2〜4cm、葉を含めた幅は2〜3mm、葉は乾いても展開したままで、湿っているときと姿はほとんど変わらず、扁平についている(d, e)。葉は、卵状披針形で非相称、長さ1.2〜2mm、葉先は尖り、葉縁には小さな歯があり、短く弱い中肋が2叉し、葉の表面はなんとなくザラついている(f, g)。葉縁の歯は上半部では顕著だが、基部では微細あるいは全縁となる(h, i)。
 
 
 
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
 葉身細胞はうじ虫形〜線形で、長さ45〜70μm、幅4〜6μm、やや厚壁で、背面葉先側の細胞端には乳頭がある(j)。この乳頭のために、葉の表面がザラついて見えるようだ。翼部は明瞭に分化することなく、縁に矩形の細胞が連なる(k)。葉頂付近の葉身細胞はうじ虫状(l)。葉の横断面で、中肋は細胞が2層となっているだけで、ステライドやガイドセルは全くみられない(m)。茎の横断面で表皮細胞は小さく厚膜であり、弱い中心束がある(n, o)。
 茎の腹面からは随所から褐色の仮根が束になって出ている(p)。さらに、小さな葉の形をした偽毛葉が見られる(q, r)。偽毛葉は目視では明瞭なのだが、撮影するのは意外と難しく、サフラニン染色もあまり効果はなかった(r)。

 サナダゴケに近い形態をしていることから、保育社図鑑のサナダゴケ科 Plagiotheciaceae の検索表にあたると、キャラハゴケ属 Taxiphyllum に落ちる。ついで、種への検索表をたどると、キャラハゴケ T. taxirameum に落ちる。種の解説をよむと観察結果とほぼ一致巣する。平凡社図鑑ではこの属はハイゴケ科 Hypnaceae に置いている。