Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.858   採集日:2010/04/1   採集地:茨城県、小美玉市]
[和名:ヤノウエノアカゴケ   学名:Ceratodon purpureus]
 
2010年4月3日()
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
(a, b) 植物体、(c) 標本、(d) 湿時と乾燥時、(e) 湿時近影、(f, g) 葉、(h) 葉身細胞、(i) 葉先端部、(j) 葉翼部、(k) 葉中部の横断面、(l) 葉基部の横断面、(m) 茎の横断面、(n) 朔基部と苞葉、(o) 苞葉、(p, q) 苞葉の葉身細胞、(r) 苞葉の基部

 茨城空港の南側、土手の脇に赤色〜黄褐色の朔柄を多数つけた蘚類が群生していた。茎は直立し、高さ0.8〜1.2cm、緑色部分は0.5〜0.8cm。茶色の下半部は、崩れた褐色の葉をつけ、他の個体と絡み合うように密集している。黄褐色〜赤色の朔柄を無数につけていた。
 葉は幅広の披針形で、長さ0.8〜1.6mm、乾燥すると巻縮する。葉縁は全縁で、縁は背側に巻き、先端部には微細な歯がある。中肋は太く強靱で葉先に達する。葉身細胞は、葉の中央部で方形〜短い矩形で、長さ8〜16μm、やや厚壁で平滑。翼部は明瞭には分化せず、矩形の細胞が整然と並ぶ。葉の横断面をみると縁が背側に巻いていることがよく分かる。中肋にはガイドセルがあり、背腹両面にステライドがある。
 苞葉は透明な鞘部と急に細くなって尖った先端部からなり、中肋が先端に達し、葉身細胞は方形〜矩形で、細胞壁は厚く、鞘部の細胞は長い矩形となっている。
 
 
 
(s)
(s)
(t)
(t)
(u)
(u)
(v)
(v)
(w)
(w)
(x)
(x)
(y)
(y)
(z)
(z)
(aa)
(aa)
(ab)
(ab)
(ac)
(ac)
(ad)
(ad)
(s,) 朔と朔柄、(t) 朔と帽、(u) 朔の基部にある気孔、(v) 気孔、(w) 蓋の基部、(x) 口環、(y) 朔歯、(z) 朔歯上部、(aa) 朔歯基部、(ab) 朔の横断面、(ac) 朔と帽の横断面、(ad) 若い朔の横断面

 朔柄は葉腋から出て、黄褐色〜赤色で長さ1.5〜2.5cm、表面は平滑。朔は直立からやや傾いてつき、緑色からやや赤みを帯び、長さ2mm前後、円筒形で非相称、基部の下側に目立たない小さなこぶがある。蓋は短い三角錐で、僧帽型の帽をつける。朔の基部には気孔がある。口環がよく発達している。朔歯は一重で16枚からなり、基部近くまで深く二裂し、孟宗竹の節を思わせるような円盤状の構造が発達している。上部では節の間隔が広く基部に近づくにつれて間隔が狭くなる。この円盤状の縁はフリル状となっている。

 朔は若く、まだ充分に成熟したものはなかった。従って胞子も未成熟で小さい。キンシゴケ科 Ditrichaceae のヤノウエノアカゴケ Ceratodon purpureus だろう。