Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.0951   採集日:2010/05/22   採集地:東京都、奥多摩町]
[和名:コフサゴケ   学名:Rhytidiadelphus japonicus]
 
2010年8月3日(火)
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
(s)
(s)
(t)
(t)
(u)
(u)
(a, b) 植物体、(c) 採取標本、(d) 乾燥時、(e) 湿時、(f) 茎葉と枝葉、(g, h) 茎葉、(i) 茎葉中央部の葉身細胞、(j) 茎葉下部の葉身細胞、(k) 茎葉の翼部、(l) 茎葉先端、(m, n) 枝葉、(o) 枝葉上部の葉身細胞、(p) 枝葉下部の葉身細胞、(q) 枝葉の翼部、(r) 枝葉先端部、(s) 茎葉の横断面、(t) 茎の横断面、(u) 発生環境

 奥多摩で石灰岩上にフサゴケ属 Rhytidiadelphus の蘚類が広くマットを作っていた(alt 710m)。茎は赤色で不規則に分枝し、葉には光沢があり、乾燥しても葉は展開したままだ。
 茎葉は長さ2.5〜3.0mm、幅広の基部から急に細くなって、先は反り返って鋭頭となる。葉縁の上部には細かな歯があり、基部は赤褐色で狭くなる。中肋は2本で弱く、葉の中央部近くに達する。短い中肋が他に数本あって、3〜4本の中肋が見られる茎葉も多い。
 枝葉は長さ1.5〜2.5mm、広卵形で凹み、葉先は急に細くなって尖り、中肋は2本で、葉長の1/2辺りで消える。茎葉と同じく、3〜4本の中肋をもつ葉も目立つ。
 葉身細胞は、茎葉でも枝葉でもほぼ同様で、葉の中央から上部から葉縁ではやや小さな楕円形〜線形で、長さ20〜50μm、幅5〜8μm、平滑でやや厚膜。葉の中央下部から中肋近くでは大型となり、長さ40〜100μm、幅10〜15μm、平滑で厚膜、膜にはわずかにくびれもある。茎葉の基部は赤褐色で細く下延し、細胞は矩形となって厚膜。茎葉、枝葉ともに葉先の細胞は菱形から楕円形。茎の横断面には弱い中心束があり、表皮細胞は小さくて厚膜。

 コフサゴケ R. japonicus にまちがいなさそうだ。凾つけた個体はみあたらなかった。このコフサゴケは、岩を匍う一次茎は黒褐色でほとんど葉がなく、そこから多数の二次茎が出ていた。この二次茎は意外と長く、部分的にやや羽状に分枝していた。二次茎の基部〜中程の茎葉は小さく、先端近くの若い茎葉は大きかった。枝葉についても同様で、二次茎下部から出る枝の葉は小さく、二次茎上部から出る枝の葉は大きかった。上記に計測結果を記した茎葉と枝葉は、二次茎の上部の大きめの葉を使った。枝葉について、二次茎下部の枝の葉とは、大きさでは倍以上の差異がある。