Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.0972   採集日:2010/06/12   採集地:長野県、山ノ内町]
[和名:フジハイゴケ   学名:Hypnum fujiyamae]
 
2010年9月7日(火)
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
(a) 植物体:中央に写っているのは別種、(b) 植物体、(c) 標本:乾燥時、(d) 標本:湿時、(e) 乾燥時、(f) 湿時、(g, h) 茎葉、(i) 茎葉の葉身細胞、(j) 茎葉の翼部、(k) 茎葉の先端、(l) 茎葉の横断面、(m, n) 枝葉、(o) 枝葉の縁、(p) 枝葉の葉身細胞、(q) 枝葉の翼部、(r) 枝葉の先端

 6月12日に長野県の志賀高原採集した大形の蘚類を観察した。写真(a)では中央に別の種が、左右に今日観察した種が写っている。やや湿度の高い岩壁から幾つもの種と混生して垂れ下がっていた。岩を匍う茎もあり、長いものでは茎の長さは15〜20cmに及ぶ。不規則羽状に10〜15mmの短い枝をだす。茎や枝の横断面で中心束があり、表皮細胞は厚膜で小さい(v, z)。
 茎葉は卵形の基部から披針形に漸尖し、長さ2.0〜2.5mm、縦皺があり、上半部は鎌形に曲がる。茎葉上部には微歯があり、中肋は二叉して短いか殆ど不明瞭。翼部の細胞は褐色で大きくて薄膜。葉身細胞は線形で、長さ50〜80μm、幅4〜6μm、やや厚膜で平滑。枝葉は長卵形〜楕円形の基部をもち披針形に漸尖し、長さ1.8〜2.5mm、葉先は軽く鎌状に曲がる。葉身細胞や翼部、葉の先端部の様子は茎葉とほぼ同じ。
 
 
 
(s)
(s)
(t)
(t)
(u)
(u)
(v)
(v)
(w)
(w)
(x)
(x)
(y)
(y)
(z)
(z)
(aa)
(aa)
(ab)
(ab)
(ac)
(ac)
(ad)
(ad)
(s) 朔柄基部と雌苞葉、(t, u) 雌苞葉、(v) 雌苞葉の先端、(w) 雌苞葉の葉身細胞、(x) 雌苞葉の基部、(y) 茎の横断面、(z) 枝の横断面、(aa, ab) 朔、(ac, ad) 朔歯

 内雌苞葉は、長さ2.0〜3.5mm、矩形の基部から急に細くなって芒となって延び、縦の皺などはない。芒の部分には顕著な歯がある。雌苞葉の葉身細胞は線形で、長さ80〜120μm、厚膜で平滑。雌苞葉の基部の細胞は線形〜長い矩形で、幅も広く、厚膜で平滑。
 朔柄は長さ1.5〜2.5mm、褐色〜赤褐色で、平滑。朔は円筒形でやや傾き、非相称。朔の蓋には長い嘴がある。朔歯は二重で各々16枚。外朔歯は披針形。胞子は球形で径18〜25μm。

 帽をつけた朔はなかった。朔歯はいずれもかなり崩れはじめていて、外朔歯と内朔歯を分離観察することはできなかった。また、毛葉や無性芽はない。保育社図鑑のハイゴケ属 Hypnum の検索表フジハイゴケ H. fujiyamae に落ちる。種の解説を読むと、かなりの部分で観察結果と符合する。また、Noguchi(Part5 1994)にあたると、観察結果とほぼ符合する。しかし、平凡社図鑑の写真(PL.119)とはかなり印象が違う。