Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.1000   採集日:2010/10/11   採集地:高知県、本川村]
[和名:カマハコミミゴケ   学名:Lejeunea discreta]
 
2010年11月4日(木)
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
(a, b) 植物体、(c) 標本:湿時、(d) 標本:乾燥時、(e) 背面と腹面、(f) 腹面、(g) 背面、(h) 腹面:腹葉に合焦、(i) 腹面:腹片に合焦、(j, k) 葉、(l, m) 葉の腹片、(n) 葉身細胞、(o) 油体、(p) 腹葉、(q) 腹葉の上半、(r) 茎の横断面

 10月11日に高知県本川村の自然公園で樹幹についていた苔類を観察した(alt 500m)。茎は長さ5〜10mm。背片は緩く倒瓦状に重なって、やや鎌状に曲がった卵形で、長さ0.4〜0.6mm、全縁で、円頭〜鈍頭。腹片は茎の先の方では痕跡的、茎の中程から基部では背片の1/2以下の長さで、類楕円形で袋状となり、キールは長い。腹片には、縁の2箇所に単細胞からなる突起状の構造が見られる。腹葉はほぼ円形で、長さ0.2〜0.25mm、茎径の3〜4倍の幅で、縁は全縁、1/2〜2/5あたりまで深く二裂し、裂片の先は三角形。両裂片の底はU字形になってものが多い。
 葉身細胞は、やや丸みを帯びた多角形で、長さ15〜35μm、薄膜でトリゴンは小さく、平滑。背片の縁の細胞は中央部のそれより小さい。油体は各細胞に8〜12個あり、楕円体で、微粒の集合状。茎の横断面で表皮は大きな細胞6〜8つからなり、内部は12〜16個の細胞からなる。

 クサリゴケ属 Lejeunea の苔類だろう。平凡社図鑑の検索表からはカマハコミミゴケ L. discreta とシゲリゴケモドキ L. planiloba が候補に残る。しかし、平凡社図鑑にシゲリゴケモドキについての解説はない。そこで井上『日本産苔類図鑑』のシゲリゴケモドキの記載を確認すると、[ノート] に以下のような記述がある。

(シゲリゴケモドキは) クサリゴケ属 Lejeunea の中ではカマハコミミゴケ L. vaginata STEPH. に大変近い種で,しばしばこの両種は混成する。カマハコミミゴケは大きく,茎の横断面で内部の細胞は14〜17個になり,表皮細胞は大形である。また葉頂部はややとがる傾向をもっている。
 この記述を観察結果に照合すると、シゲリゴケモドキではなさそうだ。改めて平凡社図鑑のカマハコミミゴケについての解説を読むと、観察結果とほぼ符合する。なお、『日本産苔類図鑑』ではカマハコミミゴケの学名に L. vaginata をあてているので、"Catalog of the Hepatics of Japan" (2006) で確認すると、以下の記述があった(44p.)。
Lejeunea vaginata Steph.,Spec. Hep.5:791(1915)=Lejeunea discreta (fide Mizutani 1970).