Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.1026   採集日:2010/10/12   採集地:愛媛県、久万高原町]
[和名:コウヤケビラゴケ   学名:Radula kojana]
 
2010年12月28日(火)
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
(a) 植物体、(b) 標本、(c, d) 背面、(e, f) 腹面、(g) 腹面:茎の表皮と腹片、(h) 葉、(i) 葉の背面、(j) 葉の腹面、(k) 葉身細胞、(l, m) 油体、(n, o, p, q) 葉の横断面、(r) 茎の横断面

 四国の面河渓で水流脇の湿った岩盤に着いていた苔類を観察した(alt 750m)。暗緑色〜緑褐色で、茎は2〜3cm、羽状に複数回枝分かれする。葉の背片は倒瓦状に重なって互生につく。背片は長さ0.4〜0.6mm、卵形で全縁、ほぼ円頭だが、一部の葉では先端が鋭頭となって腹側に内曲する。腹片は背片の2/5以下の幅で三角形〜四角形、基部では袋状となる。腹片の凸部には、随所に仮根の束がある。葉のキールは長く、凸状となり、茎と60〜70度の角度をなす。複葉はない。無性芽などはみられない。
 葉身細胞は多角形で、長さ20〜35μm、膜は薄く、表面はマミラ状で平滑、トリゴンは小さい。油体は類球形〜楕円形で、各細胞に1〜3個あり眼点を持つ。トリゴンは、茎上部の暗緑色の葉では小形で球形だが、葉の基部から中央部の褐色を帯びた葉ではやや大形で楕円形〜紡錘形のものが目立つ。両者とも眼点があることは共通だ。

 花被などをつけた個体はなかった。葉を倒瓦状につけ、腹片が四角形ないし三角形で、腹葉がないこと、などからケビラゴケ属 Radula の苔類だと思う。平凡社図鑑の検索表を何度たどってみても、観察結果を満たす種にたどり着けなかった。保育社の図鑑でも結果は同じだった。解説のある掲載種のいずれも観察結果とはなじまない。葉の位置によって油体のタイプが変わることなどは、先にケビラゴケ属とした標本No.1011とよく似ている。さらにこの標本の腹片は、開口部が不明で閉じた袋構造となった葉がとても多い。

[修正と補足:2010.12.29]
 本標本(No.1026)および標本No.1011をコウヤケビラゴケ R. koyana に訂正した。識者の方から、葉形と油体の特徴からコウヤケビラゴケに間違いない、というご指摘をいただいた。あらためて、葉の形を主として再検討してみた。ご指摘ありがとうございました。

 そもそも、平凡社図鑑の検索表をたどれなかった最大の理由は、冒頭の「A. 背片は鋭尖」か「A. 背片は円頭」という記述にあった。標本の葉の形はどう見ても「円頭」ではあっても、「鋭尖」とは捉えにくかった。そこで、見方を変えて、標本No.375のヤマトケビラゴケ R. japonica の葉形と比較してみた。No.375の葉は「円頭」であり、これと比較すると、本標本およびNo.1011の葉形は「円頭」とは言い難い。そこで、「鋭尖」と捉えると、すんなりとコウヤケビラゴケに落ちる。そして、種の解説を読むと、油体の形に一部疑問は残ってもほぼ、観察結果と符合する。
 

 
 
(1026a)
(1026a)
(1026b)
(1026b)
(1026c)
(1026c)
(1011a)
(1011a)
(1011b)
(1011b)
(1011c)
(1011c)
 二つの標本から、いくつかの枝を取り出してみた。茎本体の葉は両者ともに崩れたものが多くて、先端の形がわかりにくくなっているので、比較的若い枝の葉で比較してみた(1026a, 1011a)。葉先の形は「鋭尖」とは言い難いが、「尖頭」であり明らかに「円頭」ではない。さらに、無性芽の有無と形についても、それらしいものが着いている葉をさがしてみた。
 無性芽をつけた葉は非常に少なかったが、一部にみられた。葉の縁にゴミか泡が着いたような形をしている(1026b, 1026c)。標本No.1011ではよく見ないと見落としてしまいそうだ(1011b)。これは、倍率を上げてみようとしたところ、崩れ落ちてしまったので、撮影しなかった。すでにNo.1011の油体は完全に消失していた(1011c)。