Top  たわごと:INDEX back


2009年6月18日(木)
 
二つの Pylaisiadelpha
 
 識者の方から過去の二つのPylaisiadelpha(コモチイトゴケ属)の標本について指摘をいただいた。No.114 (P. yokohamae ケカガミゴケとして掲載)とNo.149 (P. tenuirostris コモチイトゴケとして掲載)は逆ではあるまいか、とのご指摘をいただいた。そこで、この二つの標本を引っ張り出して、両者から最も標準的と思われる部分を取り出して比較してみた。

 中国のナガハシゴケ科について詳細に記述した Tan & Jia の論文の検索表(1999 下記)からは、「葉の尖り方の違い」が明瞭な区別点として浮かび上がってくるという。
 Tan B.C. and Jia Yu, 1999, A preliminary revision of Chinese Sematophyllaceae. J.Hattori Bot. Lab. 86: 1-70
 それによれば、以下のように明瞭に区別できるという。
◎P.tenuirostris   葉先が細く長く尖り,先端は鋭い針状。先端部が大きく鎌曲り
◎P.yokohamae   葉先は狭三角形状に尖るが,先端はあまり鋭くない。ほとんど曲らず真っ直ぐ。葉先部は専ら長菱形細胞からなり,先端も針にならない。

 まだ件の文献には目を通していないが、上記の指摘「葉の尖り方」について、二つの標本を比較してみることにした。上段にNo.114、下段にNo.149、対応するパーツを並べた。
 

No.114 (a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)

No.149 (a')
(a')
(b')
(b')
(c')
(c')
(d')
(d')
(e')
(e')
(f')
(f')
(a, a') 乾燥標本、(b, b') 乾燥標本の枝、(c, c') 湿らせた枝、(d, d') 同一枝の葉列挙、(e, e') 同一枝の葉、(f, f') 葉身細胞

 乾燥標本を目視で比べたとき、まず第一に、ややごつごつした感触のNo.114と比べて、No.149はやや繊細で柔らく、葉の密集度が疎な印象をうけた(a, a')。数本の枝を実体鏡の下でみても同様の印象を受ける(b, b')。両者とも、湿らせると葉が展開するが、No.149の展開の仕方が大きい(c, c')。同一の茎から葉をそぎ落とし、それらの内から任意に8枚を並べた(d, d')。
 
葉先
No.114
(g)
(g)
(h)
(h)
葉先
No.149
(g')
(g')
(h')
(h')
 No.114の葉は、ハイゴケの葉のように先端が鎌形に曲がったものが多いが、必ずしも先端が鋭い針状にはならない(e, g, h)。一方、No.149の葉にも、ハイゴケのように先端が鎌形に曲がったものがある(e', g', h')。カバーグラスを載せると、両者の葉の形は非常に似通っていて、有意差があるようには感じられない(e, e')。葉身細胞の形や大きさは両者ともよく似ている(f, f')。無性芽は、No.114は非常に少なく、No.149では豊富にみられる。

 さて、No.114とNo.149の同定結果は訂正すべきかどうか。先にNo.114の観察をしたとき、たまたま選んだ葉は標本の全体像を反映していなかった。茎から外した葉には、ハイゴケの葉のように、先端が鎌形に曲がったものが多かった。しかし、「葉先が細く長く尖り,先端は鋭い針状」にはなっていない。となると、これは P.yokohamae ケカガミゴケのままで良さそうだ。No.149は葉先の形からみれば、P.yokohamae を示唆している。しかし、乾燥標本をNo.149と比較したとき、どう見ても同種とは思えない。したがって、現時点では当初の同定結果のままとしておきたい。
 詳細な説明と、ご指摘ありがとうございました。