Top  たわごと:INDEX back


2010年11月4日(木)
 
標本番号 No.1000
 
 ひょんなことからトヤマシノブゴケ Thuidium kanedae (標本No.1) を採集し、初めてコケに触れたのは2006年7月のこと(「はじめに」)。出会ったコケをひとつひとつ詳細に観察し、そして自らの拙い足跡の記録として始めたのが「観察覚書」だ。今日765件目のメモとしてアップしたカマハコミミゴケは標本番号 No.1000。これは、アップしなかった235件を含めて詳細に観察した蘚苔類がちょうど1,000件に達したことになる。取扱種数は現在 340 点となった。
 まったくのゼロから始めたコケの勉強だった。そしてこの4年と数ヶ月の間、分類と同定の学習はほとんど独学。何が何だか分からず右往左往しているうちに、いつの間にか4年以上の歳月が経過してしまった。しかし、生来の記憶力の悪さのため、何度観察してもそのコケの特徴や名を覚えることができず、フィールドでみてわかるコケは片手の指くらいしかない。
 これまで数々のコメント寄せて下さった識者の方々や、誤りの指摘をしてくださった方々がいなければ、今日まで続けてはこられなかっただろう。改めて感謝の意を表します。ありがとうございました。そして、今後ともご指導をよろしくお願いします。