Top  駄言駄菌:INDEX back


2017年10月12日(木) 基本的な設定確認を怠ってみじめな結果に!
 朝近くの都市公園を散策した折にミラーレスのお気楽カメラをお供にして歩いた。カメラは絞り優先に設定してマクロレンズを装着してあった。出会ったきのこを気まぐれに30種ほど撮影して帰ってきた。画像をPCにコピーしてディスプレイで見て唖然とした(a〜l)。
 接写して目的の被写体全体を明瞭に撮影したつもりだった。ところが、どの写真も被写体のごく一部にしかピントが合っていない。特にシャカシメジ(a)、ニガクリタケ(d)、ツチスギタケ(f)、ヒメオニタケ(k, l)などひどいもんだ。おまけに全体的に何となく白飛びしている。
 改めてカメラ側の設定を確認すると、絞り優先にしておきながら絞り値が3.5になっていた。さらに露出補正の値も+2となっていた。何日か前に、数メートル先の白色系の被写体を撮影したときのことをすっかり忘れて、確認もせずに撮影した結果がこれだった。結局この日撮影したきのこの画像は、ここに掲げたものを含めてすべてお釈迦になった。
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)