Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.51   採集日:2006/12/23   採集地:埼玉県、川口市]
[和名:ナガヒツジゴケ   学名:Brachythecium buchananii]
 
2006年12月25日(月)
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
 自宅団地で採取したコケを観察してみた。裸地の土の緩い斜面に柔らかなマット状の群落をなしている(a, b)。茎は3〜4cmで、不規則に枝をだして這っている。濡れても乾いていても葉の開き具合はあまり変わらない。支枝の一つを顕微鏡でみた(c)。葉を外してみると、卵形〜卵状披針形で、縦にしわがあり全縁、中肋は葉の2/3ほどまで伸びている(d, e)。
 葉身細胞は長い紡錘形〜線形で(f)、翼部分では長めの方形となっている(g)。葉の基部の中肋を含んだ面で横断切片を作ろうと何度も試みたが、結局上手くいかなかった。葉の中程の横断面(h)と中肋が途切れた部分の横断面(i)しか切り出せなかった。これらをみるとマミラやパピラは見られない。念のために茎の横断面を切り出してみた(j)。
 いろいろな状況証拠からどうやらアオギヌゴケ科の蘚らしい。アオギヌゴケ科は多くの種をかかえていて、同定の難しい科だという。朔がついていないので、正確な同定は難しいかもしれない。検索表にあたると、アオギヌゴケ属に落ちる。これまた、分類の難しい属らしい。いくつかの図鑑の記載と観察結果を照合していくと、ナガヒツジゴケ Brachythecium buchananii が最も近いように思われる。もし、そうなら都市部に広く見られるものらしい。

[修正と補足:2010.04.14]
 2010年4月11日に神奈川県東丹沢の七沢でハネヒツジゴケと思われる蘚類(標本No.860)を採取したので、念のために過去にハネヒツジゴケと同定した標本にもあたってみた。その中で、本標本には乾燥時の植物体の画像がなく、画像(b)だけをみるとハネヒツジゴケ B. plumosum のようにも見える。そこで念のために再検討した。結果的にはナガヒツジゴケとしてよさそうだ。以下に、文字による記述は省略して、再検討した折に撮影した画像のみを掲載した。
 

 
 
(k)
(k)
(l)
(l)
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
(s)
(s)
(t)
(t)
(u)
(u)
(v)
(v)
(k, l) 乾燥標本、(m) 乾燥時、(n) 水で戻した状態、(o) 枝葉:実体鏡下、(p) 枝葉:顕微鏡下、(q) 枝葉の葉身細胞、(r) 枝葉の先端部、(s) 枝葉の翼部、(t) 枝葉の中肋横断面、(u) 枝の横断面、(v) 茎の横断面