Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.234   採集日:2007/05/13   採集地:神奈川県、川崎市]
[和名:ツルチョウチンゴケ   学名:Plagiomnium maximoviczii]
 
2007年5月15日(火)
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
 5月15日(日)に川崎市の緑地で、ツルチョウチンゴケの直立茎が密集してみごとな姿をみせていた(a〜c)。しかし、まだ生殖器官をつけたものはほとんど無かった。以前見たツルチョウチンゴケは匍匐茎ばかりで、直立茎は無かった(覚書2007.1.30)。
 現地でルーペでみて、中肋に沿って大型の細胞が列をなし、葉には全周にわたって舷があり、葉縁には歯があることを確認したので、直ちにツルチョウチンゴケだろうと判断した(e)。葉には顕著な横シワがあり(d)、念のために葉身細胞もだけをアップした(f)。先に詳しい観察結果を記録しているので、今日は観察結果の詳細や検鏡写真などは省略した。