Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.740   採集日:2009/10/14   採集地:岩手県、奥州市]
[和名:クモノスゴケモドキ   学名:Pallavicinia ambigua]
 
2009年11月1日()
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
(a, b) 植物体、(c) 偽花被をつけたもの、(d) 雌苞葉をつけたもの、(e) 先端部:背面、(f) 同前:腹面、(g) 翼部の葉身細胞、(h) 油体、(i) 葉状体横断面、(j) 中肋部横断面、(k) 中肋部の中心、(l) 翼部の横断面

 10月なかば頃、東北の名峰栗駒山に登った。その途中の道脇のジメジメした土に、ミズゴケと隣接してクモノスゴケ科 Pallaviciniaceae の苔類がマットを作っていた(a, b)。背面中肋上には雌包膜をつけ、一部には偽花被をつけたものもあった(c, d)。
 葉状体は、長さ2〜4cm、幅3〜4mm、全体は平面的に広がり、二叉しつつ斜めに立ち上がる。葉状体基部は棍棒状となり、絡み合った明瞭な横走茎を作っている。葉状体の先端はほとんど尖ることなく、広く丸みを帯びている。翼部の縁にはやや長い毛状部が散生する。仮根は棍棒状の部分と葉状体先端近くからだけ出る(d〜f)。
 翼部の細胞は六角形を主体とした多角形で、長さ45〜90μm、薄膜でトリゴンはない(g)。油体は米粒形〜紡錘形で、1細胞に8〜15個あり、微細な粒子を含む(h)。葉状体の横断面で、中肋は腹面に大きく背面に少なく、両面に膨らみ、15〜18細胞層、翼部は1細胞層をなし、中肋には中心束がある。中心束は1本で、小さな厚膜の細胞が分化している。
 
 
 
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
(s)
(s)
(t)
(t)
(u)
(u)
(v)
(v)
(w)
(w)
(x)
(x)
(m) 先端部腹面、(n, o) 同前:サフラニン染色、(p) 雌包膜、(q) 雌包膜:切開、(r) 雌包膜の縁、(s) 偽花被、(t) 切開した偽花被、(u) 偽花被と雌包膜、(v) 偽包膜、(w) 胞子嚢の内部、(x) 同前:サフラニン染色

 腹鱗片は小さくて目立ちにくく、非常にわかりにくい。実体鏡下でいくら見てもよく分からず(m)、サフラニンで染色したものを顕微鏡下でみて、ようやく確認できた(n)。腹鱗片は2〜3細胞長の紐状で中肋上に並ぶ。中肋の翼部よりに左右それぞれ対になって多くは2列となる(o)。
 採取した標本は、雌株ばかりだったらしく、雄器らしきものをみつけることはできなかった。雌器は背面中肋上にでき、筒状となって雌包膜に包まれる(p)。雌包膜だけを分離して切開してみた(q)。縁は重鉅歯状となっている(r, u, v)。
 偽花被は円筒形で、長さ6〜8mm、口部の縁は糸状の歯をもつ(u)。これを切開すると、外皮殻の内側に内皮があり、その内側に胞子嚢に包まれたものがある(t)。胞子嚢内部には未熟な球形の組織が多数あり、それぞれ4つづつ袋に入っている(w)。サフラニンで染色するとわかりやすくなり、袋に入った球形組織のほかに、糸状の組織が多数ある(x)。なお、無性芽はない。

 葉状体の中肋が明瞭で、葉状体の縁に毛が散生し、横断面で中肋部の中心束がひとつであることから、クモノスゴケ属 Pallavicinia に間違いない。平凡社図鑑によれば、日本産は4種あるという。種への検索表をたどると、クモノスゴケ P. subciliata ないしクモノスゴケモドキ P. ambigua となる。
 図鑑には、クモノスゴケの葉状体は匍匐し、先端が細く尖ることがあり、雄包膜の先端は鋸歯状とある。また、クモノスゴケモドキの葉状体は斜上し、先端は細くならず、雄包膜の先端はほぼ全縁とある。本標本では、葉状体は匍匐せず斜上し、先端は細くならず尖ってもいない。この形質状態から、最初に躊躇なくクモノスゴケモドキと思った。
 ところが、本標本の包膜の先端はいずれも鋸歯状となっている。ここで、迷いが生じることになった。平凡社図鑑にはクモノスゴケについての解説はあるが、クモノスゴケモドキについては解説はなく図と写真が掲載されている。この写真を見ると、雄器は中肋上ではなく、中肋の左右に並んでいる。一方、クモノスゴケの雌器は中肋の左右に各1列についてポケット状の包膜をもつとされる(井上 1976)。両者ともに雌雄異株である。この時点で、採取した標本に雄株がないかを探してみたが、それらしきものはない。となると、観察した個体はすべて雌株と考えられる。
 となると、これはクモノスゴケモドキと考えるのが妥当と思われる。井上(1976)には、クモノスゴケモドキについて「葉状体が横伏することがなく,基部には明瞭な横走茎状の部分があり,葉状体先端は決して細長くはならない」とある。

 これまで、クモノスゴケモドキと同定した標本が2点ある。No.439はどうやら間違いなさそうだが、No.296については再検討の余地がある。クモノスゴケとしたNo.187はそのままでよさそうだ。今日のところは時間がないので、No.296の再検討は後日に回すことにした。