Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.0986   採集日:2010/08/21   採集地:山梨県、山梨市]
[和名:チョウセンスナゴケ   学名:Racomitrium carinatum]
 
2010年9月20日(月)
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
(a, b) 植物体、(c) 標本:乾燥時、(d) 標本:湿時、(e) 乾燥時、(f) 湿時、(g, h) 葉、(i) 葉身細胞、(j) 葉の先端、(k) 葉の翼部、(l, m) 葉の横断面、(n) 葉身細胞:合焦位置を変化、(o) 葉の縁:合焦位置を変化、(p) 茎の横断面、(q) 剳ソ基部の苞葉、(r) 苞葉

 8月21日奥秩父の主稜線を歩いたときに、稜線の日当たりのよい場所で、岩についていた蘚類を観察した(alt 2500m)。若い凾ニ老熟した凾つけていた。茎は長さ2〜4cm、わずかに分枝する。乾燥すると葉は茎に密着し、湿ると反り返るように葉を展開する。
 葉は卵状披針形で、乾燥すると葉上部は竜骨状になって茎を包み込むようになる。葉は下部で背側に反曲し、葉縁は一細胞層で、全縁。中肋は先端近くに達するが、上部では不鮮明となる葉も多い。葉中央部の細胞は、矩形で厚角、長さ10〜25μm、幅4〜8μm、縦壁に沿って低い乳頭が複数ある。葉翼部には平滑な矩形の細胞があり、基部の縁には矩形の細胞列がある。
 茎の横断面に中心束はない。苞葉は楕円状〜長卵状披針形で、長さ2〜3mm。内雌苞葉の葉身細胞は矩形でやや薄膜、表面は平滑だが、外雌苞葉の葉身細胞はやや厚壁で縦壁に沿って低い乳頭がある。苞葉の基部にはやや薄膜で矩形の細胞が並ぶ。
 
 
 
(s)
(s)
(t)
(t)
(u)
(u)
(v)
(v)
(w)
(w)
(x)
(x)
(y)
(y)
(z)
(z)
(aa)
(aa)
(ab)
(ab)
(ac)
(ac)
(ad)
(ad)
(s) 苞葉、(t) 外雌苞葉の葉身細胞、(u) 内雌苞葉の葉身細胞、(v) 内雌苞葉の先端、(w) 胞子体、(x) 若い凾ニ成熟した凵A(y) 剋普F口環の一部も見える、(z, aa) 剋普A(ab) 口環、(ac) 刳部の気孔、(ad) 胞子

 剳ソは長さ6〜8mm。帽にヒダはない。凾ヘ直立し相称。剋浮ヘ一重で、16枚からなり、細い披針形で基部近くまで2〜3裂する。剋浮フ表面は無数の乳頭に被われる。口環がある。凾フ基部には気孔がある。胞子は球形で、径12〜20μm。

 新鮮なよい状態の凾ヘなく、未成熟で球形に近い状態の凾ニ、既に蓋を失って胞子も大半は放出してしまった老熟した凾オか見あたらなかった。成熟した状態の蓋はなく、形は不明。口環は部分的に凾フ縁にわずかに残っているものばかりで、全周を取り巻く状態は失われていた。
 シモフリゴケ属 Racomitrium の蘚類だろう。平凡社図鑑の検索表をたどると、葉身細胞の縦壁上にパピラがあり、葉縁基部には矩形の細胞列があり、中肋は太く、葉先は鋭頭〜鈍頭、などなどからチョウセンスナゴケ R. carinatum に落ちる。標本No.401と比較してみたところ、多くの形質状態がよく似ていた。No.401の葉先には痕跡状の透明尖が見られるものが多かったが、本標本にはそういう葉はなかった。