Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.0878   採集日:2010/04/11   採集地:神奈川県、清川村]
[和名:アオギヌゴケ   学名:Brachythecium populeum]
 
2010年4月16日(金)
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
(a) 植物体、(b, c) 標本、(d) 乾燥時、(e) 湿時、(f) 茎葉と枝葉、(g) 枝葉、(h) 枝葉の葉身細胞、(i) 枝葉先端、(j) 枝葉翼部、(k) 枝葉横断面、(l) 枝の横断面

 神奈川県東丹沢の本谷川流域で石垣についていたコケの占有種である標本No.861と混生していた蘚類を観察した(a)。現地ではアオギヌゴケ Brachythecium populeum だろうと思っていた。自らの記憶力は全く信用できないので、乾湿での状態(d, e)、枝葉の葉身細胞の様子(g〜k)、枝の横断面(l)などを観察して、過去にアオギヌゴケとした標本とも照合してみた(標本No.814, No.709)。その結果は、どうやらアオギヌゴケに間違いなさそうだ。この種は過去に2度ほど観察しているが、いずれも外剋浮ニ内剋浮うまく分離できなかった。そこで今朝は配偶体の文字による記述は省略して、二重になっている内外剋浮分離して観察することを試みた。
 
 
 
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
(s)
(s)
(t)
(t)
(u)
(u)
(v)
(v)
(w)
(w)
(x)
(x)
(m) 凵A(n) 剋}の上部、(o) 剳ソ上部の横断面、(p) 剳ソ下部の横断面、(q) 気孔、(r) 剋浮フ開閉、(s) 外剋普A(t) 外剋撫續シ、(u) 外剋負コ半、(v) 内剋普A(w) 内剋撫續シ、(x) 内剋負コ半

 残念ながら、帽や蓋のついた凾ヘひとつもなく、胞子体も全体に崩れはじめていた。剳ソは長さ1.5〜2.0mm、上半部の表面には微細な疣がある(b, n〜p)。凾フ基部には気孔がある(q)。剋浮ヘ二重でそれぞれ16枚(r)。剋浮フ状態がよいものを選んで、外剋浮ェ開閉する様子をみた(r)。
 外剋浮ニ内剋浮分離する作業は、実体鏡を覗きながら、先細のピンセットを慎重に使って行うことになる。内剋浮ノは高い基礎膜があり、歯突起の脇には糸のような長い間毛がある。