Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.0918   採集日:2010/05/03   採集地:岡山県、新見市]
[和名:イトゴケ   学名:Barbella pendula]
 
2010年5月21日(金)
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
(a) 植物体、(b) 標本、(c) 朔をつけた部分、(d) 乾燥時、(e) 湿時、(f) 枝基部の葉、(g) 懸垂部の葉、(h, i) 懸垂部の葉、(j) 葉身細胞、(k) 葉の基部、(l) 懸垂部の葉先

 5月3日に岡山県で採集した懸垂系の蘚類を観察した(alt 420m)。石灰岩地の鍾乳洞入口付近の樹木の枝から多数垂れ下がっていた。糸のように非常に細く、樹の枝を匍う部分の枝葉は幅広でやや大きく扁平につく。垂れ下がる枝は長いものでは50cmを超える。茎は樹の枝を匍い、茎に対して70度〜直角気味に羽状に分枝する。懸垂部の葉は枝に接し、光沢がある。
 葉の形は大ざっぱに三通りに分けられる。樹の枝を匍う部分につく葉はやや扁平につき、糸状にはならない。細い懸垂糸状の部分の葉は長さ1.2〜2.0mmで、長卵状の基部から漸尖し、先端は透明尖となり、全体に細長い(h, i, l)。直角気味に出る枝につく葉は長さ1.2〜1.5mmで、卵状基部から漸尖し、先端は鋭頭で、枝先の葉の先端は透明尖になる(m, n)。樹の枝を匍う茎から出る枝葉は、長さ1.8〜2.2mmで幅広い(o, p)。いずれのタイプの葉でも葉上部の縁には微細な歯があり、中肋が葉長の1/2〜2/3に達する。
 葉の葉身細胞は、どの部分の葉でもほぼ同様に線形で、長さ40〜50μm、幅4〜6μm、薄膜で、表面に2〜4個の小さな乳頭が縦に並ぶ。葉の翼部は明瞭な区画をなして、方形の細胞が並ぶ。葉の横断面で中肋にはステライドやガイドセルなどはない。茎や枝の横断面には弱い中心束があり、表皮細胞はやや厚膜となっている。
 
 
 
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
(s)
(s)
(t)
(t)
(u)
(u)
(v)
(v)
(w)
(w)
(x)
(x)
(m, n) 非懸垂部の葉、(o, p) 樹の枝を匍う部分の枝葉、(q) 葉の横断面、(r, s) 雌苞葉、(t) 雌苞葉の葉身細胞、(u) 枝の横断面、(v) 胞子体、(w) 崩れた朔歯、(x) 朔基部の気孔

 雌苞葉の葉は、長さ1.5〜2.0mm、矩形の基部から漸尖し、基部は鞘状となっている(r, s)。雌苞葉の葉の葉身細胞は線形で、長さ60〜100μm、幅4〜6μm、表面はほぼ平滑(t)。
 朔は苞葉よりずっと上に出て、卵形〜円筒形で、直立し相称。朔柄は長さ2〜3mm。朔の基部には気孔がある。

 標本は朔をつけていたが、それらのほとんどは帽や蓋はなく、朔歯もおおかた崩れていた。ごく一部の朔において、内朔歯の一部と外朔歯の基部が残っていた(w)。わずかに残っていた外朔歯の表面は細かい乳頭に被われていた。ハイヒモゴケ科 Meteoriaceae イトゴケ属 Barbella のイトゴケ B. pendula だろう。これまでしばしば出会っているキヨスミイトゴケ B. flagellifera と比較して(標本No.355No.172No.108No.52)、非常に細く繊細な印象を受けた。