Top  観察覚書:INDEX back


[標本番号:No.0979   採集日:2010/07/25   採集地:秋田県、にかほ市]
[和名:ヒシャクゴケ属   学名:Scapania sp.]
 
2010年9月11日()
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
(a, b) 標本、(c, d) 茎の上部腹面:湿時、(e, f) 茎の上部背面:湿時、(g, h) 茎の下部腹面:半乾燥、(i, j)  茎の下部背面:半乾燥、(k) 葉、(l, m) 葉:背片と腹片、(n) 葉のキール部、(o) 腹片、(p) 背片、(q) 腹片の先端付近、(r) 腹片の側付近

 秋田県にかほ市象潟の目貫谷地周辺(alt 300m)で流水中に出ていたタイ類を観察した(ab)。油体については、先にしくじっているので(標本No.969No.970)、今日までチャックつきポリ袋に入れて冷蔵庫に保管しておいた。このため、油体は採取時の状態を保っていた。
 茎は長さ6〜8cm、分枝は少なく、腹面からムチゴケ型ないしクチキゴケ型分枝をする(ac, ad)。仮根は茎の腹面にごくわずかに散生する(h)。葉は接在ないし離在し、不等に二裂して強く二つに折れ曲がり、折れ目は明瞭なキールとなり、大きな腹片とやや小さな背片になる(k〜n)。乾燥すると葉は茎から開き気味になる(g〜j)。キールの幅は腹片の長さの1/4、背片の長さの1/3ほど。背片は卵形で長さ1.6〜2.0mm、全縁。腹片は卵形で長さ2〜3mm、上半部の縁は鉅歯状で、葉の基部は茎に下延する。歯は単細胞の三角形。
 
 
 
(s)
(s)
(t)
(t)
(u)
(u)
(v)
(v)
(w)
(w)
(x)
(x)
(y)
(y)
(z)
(z)
(aa)
(aa)
(ab)
(ab)
(ac)
(ac)
(ad)
(ad)
(s) 腹片の縁の葉身細胞、(t) 腹片中央部の葉身細胞、(u) 腹片基部付近の葉身細胞、(v, w) 油体、(x) 葉のキール部横断面、(y) 葉の横断面、(z, aa) 茎の横断面、(ab) 流水中、(ac, ad) 茎の分枝

 葉身細胞は多角形〜扁平な六角形で、中央部で長さ25〜30μm、基部近くで35〜50μm。葉の辺縁部の細胞はほかよりやや小さい。いずれもやや厚膜でトリゴンはなく、表面には微細なベルカがある(y)。油体は各細胞に6〜12個あり、長径6〜12μm、、球形〜楕円形で、微粒の集合状。茎の横断面で、表皮がよく発達しており、厚膜の小さな細胞からなる。表皮細胞の表面には微細なベルカがある。

 花被をつけた個体はなかった。無性芽らしきもの見あたらない。採取時にはツボミゴケ科 Jungermanniaceae のタイ類だと思ったが、ルーペでよく見ると、葉が強く折れ曲がって背片と腹片に分かれて、茎を抱くような姿となっていた。そこでヒシャクゴケ科 Scapaniaceae ヒシャクゴケ属 Scapania のタイ類ではないかと検討をつけた。
 平凡社図鑑の検索表からはムラサキヒシャクゴケ S. undulata が比較的近い。図鑑の解説によれば、ムラサキヒシャクゴケは「トリゴンが小さく,表面がほぼ平滑」「無性芽は2細胞からなる」とある。しかし、本標本の観察結果はこの記述とは異なる。また、先にムラサキヒシャクゴケと同定した標本No.212とは肉眼的印象がまるで異なり、茎の横断面の様子もかなり違う。