HOME  since 2001/04/24 back


日( )

2019年5月25日() 日光湯元温泉から刈込湖切込湖ハイキング
 昨日湯元温泉から刈込湖・切込湖を巡って歩いてきた(a)。多くのハイカーは湯元温泉と光徳牧場との間の8Kmだけを歩くのだが、マイカー利用の場合はバスやタクシーなどを使って起点に戻らねばならない。現実的には湯元温泉と光徳牧場との間をバスで繋ぐのは難しい。
 マイカー利用者は大部分がタクシーを利用しているようだが、金欠病の身にはそれはできないので、国道を歩いて湯元温泉と光徳牧場との間を繋いだ。このため、歩行距離は15Kmを超えることになった。国道歩きは辛かったが(r)、刈込湖周辺の亜高山帯針葉樹林は豊かなコケの森となっていて、何度あるいても飽きることなくとても良いところだ。
自宅出発 am5:40 → 湯元温泉駐車場着(b) 6:30 → 湯元駐車場発(c, d) 6:45 → 刈込湖(i) 8:10 → 切込湖(j, k) 8:50 → 涸沼(l) 9:30 → 山王峠(n) 10:10 → 光徳牧場(o, p) 10:50 → 逆川橋[国道120号](q, r) 11:20 → 湯滝(s〜u) 11:50 → 湯元駐車場着(x) 12:30 → 湯元駐車場発 12:40 → 自宅帰着 pm2:30
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
(s)
(s)
(t)
(t)
(u)
(u)
(v)
(v)
(w)
(w)
(x)
(x)
 刈込湖と切込湖の周辺は深い亜高山帯針葉樹林となっていて、随所に雪道も残っていた(h)。この一帯には魅力的なコケが多いので、ルーペでじっくりと観察しながら歩いた。
 この日は昼食は持たずに、菓子類とバナナなどを持って行き、コケ観察の合間に煎餅を食い、涸沼(かれぬま)ではベンチに腰掛けてのんびりとバナナを食べて過ごした。山の上はとても涼しかったが、いろは坂を降りると冷房なくしては運転できないほどの暑さだった。


2019年5月24日(金) 龍頭の滝から千手ケ原・西ノ湖ハイキング
 昨日奥日光の中禅寺湖の北西部をのんびりハイキングした。総行程20Kmほどになるが、あまり起伏がなく気温も12〜18度ほどで天候にも恵まれとても快適だった(a)。
 朝7:00の天気予報で暑くなると報道されたので、急遽朝の散歩を取りやめて、涼しさを求めていろは坂を上がることにした。出発したのはam7:45分だった。コンビニで海苔巻きを2本買い、どこに車を停めようか迷いつつ走り、結局龍頭の滝駐車場に決めた(b, c)。
 駐車場をam9:00に出て、菖蒲が浜から湖岸を歩き始めた(d)。ほとんど人に遭うことなくヤシオツツジを愛でつつ、千手が浜に到着した(e〜g)。おりしも遊覧船が着岸していた(h)。千手ケ原ではマルバダケフキがまだあまり育っていなかった(i)。
 西ノ湖は先日の大雨(5/21)にも関わらず、あまり水量は増えていなかった(j)。対岸からは本来湖を隔てて男体山を仰ぐことができるのだが、湖底がさらされたままだった(k)。しかし湖底を歩いて対岸に渡ってみると、かなりの水流があったらしく、林床が大きく荒れていた(l)。
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
 きのこ探しは全く行うことなく、もっぱら自然の中を歩くだけにした。それでも道端で何種類かのきのこに出会った。撮影したのはフチドリツエタケ(m, n)、シャグマアミガサタケ(o, p)、アシグロタケ(q)、ニガクリタケ(r)だけだった。
 なお、昨日は独りで歩いたにも関わらず、珍しく「休む食う飲む」を行って歩いた。全行程で3回ほど5〜10分の小休止をし、千手が浜バス停の四阿ではベンチに荷物を置いて、20分ほどかけて海苔巻きの昼食をとった。ペットボトルのお茶も飲んだ。西ノ湖から石楠花橋の間は、飴をしゃぶりながら歩いた。これはカミコン(亡妻)と二人で歩いていた時のパターンだ。「休まず食わず飲まず」で歩くときに比べるとずいぶん楽ちんだった。
 龍頭の滝駐車場に戻ったのはpm2:50、pm3:10に出発して帰宅したのはpm4:10だった。


2019年5月23日(木) 朝の散策:稲荷川左岸の外山
 昨日は朝15Kmほど車を走らせて市営上鉢石駐車場に車を停めた。散歩コースを神橋近くの外山(a)と日光東照宮境内にした。外山は大谷川支流の稲荷川を挟んで観光客で賑わう日光東照宮や二荒山神社などの対岸(川の左岸)に位置する標高880mの独立峰だ。
 舗装道路を少し歩くと登山口の標識があり、杉林のなかに鳥居が現れる(b)。細かなジグザグ道を進むと(c)、やがて広葉樹林となり(d)、すぐに毘沙門天(e)が見えてくる。山頂はそのすぐ裏側にあり(f, g)、直下には旧日光市役所(h)などが手に取るように見える。
 晴れていれば山頂からは女峰山や赤薙山が眼前に見えるはずだが、あいにく曇っていて何も見えなかった(g)。途中の径ではベニヤマタケ(i, j)、タマキクラゲ(l)や杉の落葉から小さなきのこが出ていた(k)。歩き始めてから20分ほどで山頂に着き、下山は15分ほどだった。
 このあと東照宮駐車場の周辺から境内を歩いて再び上鉢石駐車場に戻った。距離にして5〜6Km、時間的には1時間半ほどの散歩だった。ほとんど負荷がなく運動効果はゼロだった。自宅近くの城山に登る散歩コースの方が運動効果ははるかに大きい。
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
 帰宅して靴下を脱ぐと数ヵ所をヒルにやられていた。歩行中は全く気付かなかった。
 「きのこ雑記」の「駄言駄菌」に「オオシトネタケの胞子であそぶ」と「ツチスギタケ:不十分な顕微鏡観察」を載せた。駄言駄菌の更新は今年初めてとなった。


2019年5月22日(水) キツネノヤリタケとキツネノワンが最盛期
 日光ではこの時期にキツネノヤリタケとキツネノワンが最も多数出る。場所は大谷川の河畔のクワ樹下。今年はキツネノワンの方が圧倒的に少ない。
 先日はまだ出始めたばかりの状態だったが(雑記2019.5.7)、昨日は多数見られた(a〜f)。しかし、このところ年々発生数が少なくなっている。周辺環境がどうも変わりつつあるようだ。雨の中での撮影になってしまった。
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
 昨日は大雨注意報やら洪水注意報が出たが、さほど強い雨にはならず午後2:30頃にいったん止み、5:00頃からまた1時間ほど降った。
 久しぶりに銭湯で風呂上りに血圧を測った。一回目 Max 118、Min 61、二回目 Max 114、Min 71 だった。帰宅直後の体温は35.2度。いずれもふだんと変わりない。


2019年5月21日(火) 早朝の日光だいや川公園にて
 今朝は待望の雨だ。今年は雨が少なくて、農家の心配もさることながら、きのこにとっても厳しい季節が続いていた。この雨が恵みの雨になってくれるとよいのだが。
 昨日早朝、日光だいや川公園を散策してみた。相変わらずキンラン(a)、ギンラン(b)がとても多い。きのこの姿も少しずつ増えてきた。
 ナラタケ類が数ヵ所で大きな株を作っていた(c, d)。幼菌から老菌までひととおり揃っていたが、ここでは成菌の画像だけを掲載した。ハタケシメジもやはり数ヵ所で見られた。こちらは幼菌(e)と老菌(f)を取り上げた。ヒロハシデチチタケがたった一つだけ出ていた。例年ならこの時期には少なくとも10数個は出ている。モリノカレバタケも今年はまだ少ない(i, j)。スギタケは乾燥してカサの縁が割れたものが一つだけでていた。
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
 昨夜もまた味噌ラーメンをつくった(雑記2019.5.18)。スープは先日作ったものにさらにいくつかの香辛料などを加えた。夕方野菜などの素材類を準備した。豚肉は冷凍にしてあらかじめ方形に切っておいた。これにあとモヤシとネギ、唐辛子、シイタケ、エノキタケ、メンマが加わる。見かけはお世辞にも良いとは言えないが、味はとても良かった。自画自賛。


[節目]

2018年5月26日浅井淑子 交通事故に遭い死亡
2017年1月きのこ雑記 を廃して、日々の雑記 として再出発
 「きのこ雑記」は「こけ雑記」と並ぶサブ・サイトとした
2017年1月こけ雑記 再開
2015年6月26日福島県いわき市から栃木県日光市 へ転居
2012年1月26日埼玉県川口市から 福島県いわき市へ転居
2006年7月こけ雑記 開始 (2011年8月 中断)
2001年4月今日の雑記 開始
2000年11月きのこ雑記 開始

[過去の雑記]

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019
2018
2017
2016
2015
2014 中下
2013
2012 上中
2011 中下 中下
2010
2009 中下 中下
2008
2007 上中
2006
2005
2004
2003
2002
2001