HOME  since 2001/04/24 back


日( )

2020年1月24日(金) 短期絶食:3日間 胃腸を休ませた
 先週は体調不良が続き、夜ほとんど眠れず、全身の倦怠感や激しい疲労感、四六時中の眠気に襲われていた。原因は分からないが、過去の経験からこういった場合、3〜7日間の絶食が大きな効果をもたらしてきた(雑記2019.2.11同2015.2.25同2011.9.13)。ただ冬場の絶食では体温が32度台まで下がり数日間にわたって生死の境を彷徨ったことがあるので、危険だと感じた時点で中止してきた。
 今回は最初から3日間と決めて、月曜日(1/20)から水曜日(1/22)に実施した。かなり体調が悪いときに始めたこともあり、2日目に強い疲労感に襲われた。しかしこれは想定内だった。3日目には体がとても軽くなり、6Kmほどの朝の散歩の他に昼過ぎにも6〜7Kmある普段の城山コースを散歩した。城山の頂きへの所要時間は、普段(16〜18分)よりも短く15分以下だった。
 問題は絶食期間中は手足の指のレイノー症状が極端に激しくなる。そこで手と脚の指の位置にホッカイロをあてがい、椅子に座る時には、足元に湯たんぽと電熱ヒーターが欠かせなかった。今この3日間に口にしたのは白湯、緑茶、烏龍茶のみ。

 昨日の朝は比較的気温は高かったが、朝から雨が降ったりやんだりしていた。そこでまだ小降りのうちに城山コースを散歩して戻った。幸いわずかに濡れただけだった。
 絶食明けの昨日は朝食昼食は消化が良いものを軽く食べた。他にコーヒーと豆乳180ccと蜂蜜をスプーン3杯ほど口にした。夕食はお粥と味噌汁に鮭の切身を焼いたものとバナナ。夕食後に焼酎を小さなコップで緑茶割にして軽く2〜3杯飲んだ。今日からは絶食前の普通の食事に戻す予定。今朝はたっぷり食べた。



2020年1月23日(木)  見つけた! 中華製電熱手袋の充電器
 一昨日散々探しても見つけられなかった中華製電熱式手袋のバッテリー専用充電器が見つかった(雑記2020.1.22)。バッテリー(c)も充電器(d)もコード(e)も独自規格で代用や流用がきかない。どうしても見つからなければ手袋自体は処分される運命だった。
 いくら探しても見つからないはずだ。バッテリーに繋げばすぐ充電できる形(f)ではなく、コード部分(e)と充電器(d)を分離した状態で別々の場所に置いてあった。
 おそらく掃除機を片付けたあと、変な場所に置き忘れられている物に気づいて、手袋用バッテリーの専用充電器だとは思わずに、コード(e)と充電器(d)を分離してそれぞれ決まったパーツ箱に片付けたらしい。か細い記憶の糸を辿るとなんとなく記憶が蘇った。
 いずれにせよまた使えることになった。バッテリーがたった1〜1.5時間しか持たず、充電に24時間もかかるが、見つけてすぐに充電を開始した結果、ランプが赤色(f)から緑色に変わった。今朝の利用になんとか間に合いそうだ。
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
 昨日は起床時の体調が芳しくなかったので、朝の散歩を平地だけの場所として(a)、昼過ぎになってからいつもの城山コースを散策した。


2020年1月22日(水) 認知症の初期症状?
 このところ朝の散歩では頻繁に伝熱手袋に頼っている。使っているのは千円以下で入手したバイク用という中華製だ。電熱手袋は他にも持っているが、もう一つのインナータイプのものはもっと寒くなったときのために、この冬はまだいちども使っていない。
 この中華製だが、非常に厚くてゴワゴワしているので、バイクで微妙なブレーキ操作は難しいと思う。また24時間の充電で3時間しか使えないが、何かを掴むわけではないし、3時間持てばよいと思い一昨年11月に入手したものだ。
 すぐにでも駄目になるかもしれないと思ったが、前シーズンの冬に30回以上使うことができ、今シーズンにもすでに7〜8回ほど使っている。ただ最近は24時間充電しても1時間ほどしか持たなくなった。現段階で壊れても、十分もとは取れている。ホッカイロとミトンの併用で37〜38回も利用すれば、代金はゆうに3,000円は超える。
 昨日散歩から戻って今朝に備えてバッテリーの充電をしようとしたところ、充電器が見つからない。前日の朝掃除をした時に充電器を定位置から別の場所に仮置きしたのだがその場所が思いだせない。数時間探し回ったが結局見つけられなかった。
 それにしてもいったいどこに置いたんだろうか。何とも情けないことだが、これは単なる物忘れではなく、認知症の初期症状なのかもしれない。

 夜中にやたらに寒かった。朝4:30に起床すると屋外−4.7度、室内2.8度。また、この時の血圧は134/76だった。朝っぱらから炬燵に潜り込んで、雑記を記している。



2020年1月21日(火)  体重とBMIは同一でも・・・
 一昨日(1/19)午前中に大沢のトレーニングルームで短時間マシンと取り組んだあとに、体組成計で計測したときのメモだ。数値を見ると驚いたことに体脂肪率が17.5%、身体年齢が67歳と表示された(d)。またこの時の血圧は107/71だった(e)。
 ちなみ一昨年末(a)から昨年はじめの頃(b, c)のデータと比較してみた。なんとこの一年ほどの短期間に体脂肪率は11.5%から17.5%まで増え、身体年齢は一気に61歳から67歳にまで老化が進んでいる。なんとも嘆かわしい。
 これらのデータを表にまとめてみた(f)。図らずも2018/12/26(a)と2020/1/19(d)を見ると、体重とBMIの数値が、53.2Kgと20.8で同一だ(f)。集団検診などではこの2つの数値だけから、多くのところが、BMIが19.0〜22.0なので「適正体重」で「健康体」だとされるようだ。またBMIの数値だけ見て安心している人も多い。
 しかし前述したように、肝心の体脂肪率、腹部肥満率、筋肉量を見ると雲泥の差がある。体脂肪率は11.5%から17.5%になり、筋肉は3.2Kgも減り、身体年齢は一気に6歳も増えている。内実はかなり不健康になっているわけだ。
 
(a)
(a)
18/12/26
(b)
(b)
19/1/7
(c)
(c)
19/1/18
(d)
(d)
20/1/19
(e)
(e)
20/1/19
(f)
(f)
Data比較
 今年は食事量を減らして世間一般並みにし、アルコール類の量を大幅に減らして、週に一度は休肝日を設けるようにしようと思っている。困難でもやるっきゃない。


[節目]

2018年5月26日浅井淑子 交通事故に遭い死亡
2017年1月きのこ雑記 を廃して、日々の雑記 として再出発
 「きのこ雑記」は「こけ雑記」と並ぶサブ・サイトとした
2017年1月こけ雑記 再開
2015年6月26日福島県いわき市から栃木県日光市 へ転居
2012年1月26日埼玉県川口市から 福島県いわき市へ転居
2006年7月こけ雑記 開始 (2011年8月 中断)
2001年4月今日の雑記 開始
2000年11月きのこ雑記 開始

[過去の雑記]

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014 中下
2013
2012 上中
2011 中下 中下
2010
2009 中下 中下
2008
2007 上中
2006
2005
2004
2003
2002
2001