HOME  since 2001/04/24 back


日( )

2018年9月24日() 日光転居後初めての鳴虫山ハイキング
 日光の名勝憾満ケ淵の南方に聳える鳴虫山から神主山に連なる尾根道は首都圏のハイカーの間でも人気のあるコースのひとつだ。昨日35年ぶりにこのコースを歩いた(a)。この尾根は東京や埼玉に住んでいた頃に3〜4回ほど歩いているが、日光に転居してからは初めてだった。
 自宅をam8:00過ぎに出て憾満ケ淵の駐車場に車を駐めてam8:40頃歩き始めた。並び地蔵を過ぎ(b)、道標と地図に従って(c, d)山道に入った(e)。途中何ヵ所もロープの張られた急斜面がある(f)。独標(g)とか合峰(h)を過ぎて階段やら急な道を上がると、鳴虫山の山頂だった(i)。あいにく曇っていて展望は得られなかった。この道筋には樹の根が一面に露出してとても歩きにくい(j)。神主山を経て(k)、杉林の急斜面を降りると(l)、日光の市街地に出る。
 ほぼ3時間半の行程で、昼の12:10頃に下山した。連休の中日とあって神橋(o)交差点を起点に西側も東側も大渋滞していた(m, n, p)。普段なら5〜6分で抜けられるのだが、連休の中日や紅葉の時期には1時間ほどかかる。ここを徒歩で進んで車に戻った。
 市営温泉やしおの湯で汗を洗い流してから、神橋交差点を避けて日光宇都宮道路を使って帰宅した。この有料道路(150円)はスイスイ流れていた。この日のハイキングでは見事なヤマブシタケに出会った(q)。他のきのこは撮影しなかったが、このヤマブシタケは食用にする予定で持ち帰った。水気を絞っても重量感があって、隣人から頂いたおはぎと並べても遜色ない。
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
 ハイキングの途中休憩したのは一度、鳴虫山の山頂で10分ほど休んでコンビニで買ったおにぎりを食べた。高齢となって体力が極端に落ちていることを痛感した。かつては同じコースを歩くのに2時間から2時間半もあれば十分だった。寄る年波には勝てない。


2018年9月23日() 今年も秋にミヤマトンビマイが出た
 秋にもミヤマトンビマイが出ることを昨年初めて知った(雑記2017.9.21)。そこで昨日、昨年と同様のコースをたどってみた。すると今年もミヤマトンビマイ(a〜c)やワタカラカサタケに似たきのこ(l, m)が多数出ていた。杉林ではHygrocybe(アカヤマタケ属)のきのこがやたらにでていたが、そのうちからヒメダイダイタケ(d, e)とアキヤマタケ類似菌(f)を取り上げた。
 昨日よく目立ったのはハラタケ属の大形菌で(g〜i)、数十本があちこちに出ていた。サクラタケ(j, k)もモリノカレバタケと競うように大きな群落をあちこちに見せていた。色鮮やかなアシグロタケが暗い杉林のなかでひときわ異色を放っていた(n, o)。またベニナギナタタケはいたるところで大きな群落をなしていた(p)。これを見て若い二人連れが気味悪がっていた。
 農産物直売所に寄りたいと思って、帰路日光だいや川公園の大駐車場に車を停めた。ツルムラサキとレタス、ナシなどを購入して車に戻ろうとしたとき、ちょうど食べごろのシャカシメジが出ていることに気づいた(q)。久しぶりにシャカシメジを持ち帰ってジャガイモ、ナス、唐辛子などと一緒に煮つけて昼食のおかずにした(r)。
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
 memo


2018年9月22日() キノコのフォトアルバムを暫定更新した
 昨日は終日やや強い雨だったので野外観察には出なかった。そこで6月1日から7月31までの写真を新たに追加して「キノコのフォトアルバム」を更新した。カミコン(亡き妻)の死後、何もかもどうでもよくなって、もう雑記の更新もやめようと思った。しかし自宅に籠って遺骨と向きあっているのは非常に辛いので、たとで雨でも午前中はフィールドに出ることにした。その結果これまでカミコンの生前よりも高い頻度で出かけてきた。
 そして再び雑記の更新を再開したのだが、フォトアルバムを放置したままにしてあることが障害になってきた。そこでアルバムの更新をしなくてはと思っていたが、億劫なのとまとまった時間がとれないのでこれまで数ヶ月放置したままになっていた。
 何を掲載して何を省くのかはいちいちすべて一点一点見て選別しなくてはならない。プログラムを組んで一気に処理というわけにいかないので、思ったよりも時間と手間がかかる。昨日午前中いっぱいかかってようやく7月31日の分まで済んだ。8月1日から9月中までのアルバム更新は、悪天候の日にでも遠からず取り掛かることにしたい。
 2010〜2013年の写真については、それ以前の基準からすれば当然載せるべき写真の1/4も載せていない。したがって取り上げていない種が20点ほどある。この時期は全くやる気をなくしていた。後々になって追加するのも大変なのでこの件は今後とも放置することになるだろう。


2018年9月21日(金) 南会津の山と沼を歩く
 福島県南会津地方の南会津町南郷の山と下郷町の観音沼公園を歩いてきた。車で往復280Kmほどのドライブになった。
 途中南会津地方南端にある田島道の駅のすぐ北にある「ひげのおじさん」に寄ってみた(a)。ここに並んでいるきのこをみるといまどんなきのこが発生しているのかよくわかる。この時期店頭に多量に並んでいたのは、シャカシメジ(b)、サクラシメジ(c)、ウラベニホテイシメジ(d)だけだった。ハツタケ、アカハツ、クリフウセンタケも少量みられた。
 南郷スキー場の近くの山を歩くと、確かにシャカシメジ(e)、サクラシメジ(f)、ウラベニホテイシメジ(g)がよく出ていた。ヒゲのおじさんには並んでいなかったが、タマゴタケもとても多い(h)。
 南会津町からいったん会津田島にでて、コンビニでおにぎりを買って、下郷町の観音沼自然公園に行った。ここはカミコン(連れ合い)が執念を燃やしていたきのこが9月中頃になるとほぼ毎年出ていた場所だ。残念ながらそのきのこにはお目にかかれなかった。
 観音沼周辺は数日前にはきのこがよく出ていた気配があるが、今はすっかり乾燥して干からびたり腐ったきのこが多量に見られた。ここでは、大形菌には目もくれずに、ベニヤマタケ(i)、キンチャワンタケ(j)、ベニナギナタタケ(k)、キソウメンタケ(l)などだけを持ち帰って検鏡した。
 帰路、龍王峡の鬼怒川遊歩道に立ち寄った。先日のサクラシメジの大群落はさすがに全く残っていなかった(雑記2018.9.17)。コウボウフデが少し成長していた(m)。
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)
(m)
(m)
(n)
(n)
(o)
(o)
(p)
(p)
(q)
(q)
(r)
(r)
 ひとりになってしまったので食用キノコは自分が食べる量を少しだけ採った。サクラシメジ7〜8本、ウラベニホテイシメジ1本、ツガタケ4本、クロカワ2つほど持ち帰った(n)。これらをホイル焼き(o, q)やつけ焼き(p)にしてビールの肴にした。夕飯はカレーうどんを作った(r)。
 「たわごと」に「風呂のこと:今はまだよいが・・・冬場になると!」を追加した。


[節目]

2018年5月26日浅井淑子 交通事故に遭い死亡
2017年1月きのこ雑記 を廃して、日々の雑記 として再出発
 「きのこ雑記」は「こけ雑記」と並ぶサブ・サイトとした
2017年1月こけ雑記 再開
2015年6月26日福島県いわき市から栃木県日光市 へ転居
2012年1月26日埼玉県川口市から 福島県いわき市へ転居
2006年7月こけ雑記 開始 (2011年8月 中断)
2001年4月今日の雑記 開始
2000年11月きのこ雑記 開始

[過去の雑記]

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018
2017
2016
2015
2014 中下
2013
2012 上中
2011 中下 中下
2010
2009 中下 中下
2008
2007 上中
2006
2005
2004
2003
2002
2001